読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もるげん3分前

もるげんれえてとそのサークル「Horizont」のスペース。宣伝の他に呼んだ本や映画の感想を書き捨てる場所。pixiv→http://www.pixiv.net/member.php?id=270447、ツイッター→https://twitter.com/morghenrate

『伊藤計劃』を語るということ~映画『虐殺器官』感想~

映画感想 虐殺器官 伊藤計劃

さて、見てきましたよ。

伊藤計劃三作品映画化、その最後の一本である「虐殺器官」。

事前情報とかはあまり見ずの視聴でした。

映画館も、このタイトルと合って大盛況のようです。

伊藤計劃は死者の帝国映画を見てからドハマリしているので、もちろん楽しみでしたのだ!

ただ、下馬評的に賛否両論らしいというのは知っていたのですが。

 

では、感想なのですが、

 

「一本の映画として、独立した映画として見るなら、面白かった」

 

です。

映像の使い方、音楽に演出、声優さんの演技とかはよかったですよ。

アニメーションもいい感じです。途中で制作が途絶えたとは思えなかったです。

お話も分かり易いし、ちゃんとそれっぽいです。

しかし、

ですが、

けれど、

これを「伊藤計劃虐殺器官」として見たとき、

この映画は、不完全であり未完全であり、

伊藤計劃」を描き切れていません。

そういう意味で、この映画は凡庸で平凡で汎用な、その程度の映画でしかありませんでした。

 

ツイッターでも書いたのですが、

原作の虐殺器官を読まない人、読む気がない人ならお勧めできます。

しかし、原作を知っている人、これから読もうとしている人にはお勧めできません。

したくありません。

これを見て、「これが『虐殺器官』なんだー」なんて思ってほしくないのです(めんどくさい彼女みたい

なので、虐殺器官の原作好きな人は、覚悟してみるべきだと、僕は思います。

 

と、いきなりなんかものすごく辛口なのですが、その訳はこれから書いていきます。

今回は本作のネタバレもそうなのですが、ハーモニーのネタバレや個人的な伊藤計劃観(なんだそりゃ)も含んだ、過激な感想ですのであしからず。

ていうか、これから先は「原作の虐殺器官」を読んだ人向けですねー

 

続きを読む

いいことのない日も朝日が昇る

日記的な

同じ実習班で意見の食い違いでいざこざがあり

 

なんか風邪っぽいし

 

あげく、楽しみにしていたイベント(サンクリ)に落ちるという

 

ちょっとテンションもんにょりな日々が続いてますもるげんです。

 

最近更新していなかったのは、純粋に忙しかったから。

実習+原稿となると、はっきり言ってブログ書いている暇ないのだ。

加えてテスト前。正直原稿している時間あったら勉強すべきじゃねえかなっておもいました。

そんなこと書きながら、実は鉄血の一期を全部見たり、「ザ・コンサルタント」を見ていたりしていました。

コンサルタントは感想書きたいです。これくっそ面白かったので。

 

そんなわけで当分、同人イベントに参加しない期間が出来てしまいました。

受かれば、次はcomic1ですかね。それ落ちたら近親です。

あ、夏コミの申し込みもしないとな。

 

ちょうどいい機会なので、ぼちぼち書いていたシングル正純の原稿進めながら、コスプレの準備したり、別の原稿を進めたいと思います。

どこかのタイミングで、美味しいお酒飲みながら、面白い映画を見たいです( ˘ω˘)

 

今週は、虐殺器官を楽しみに生きていきます。

でわでわ。

ならず者たちの物語

映画感想 ローグ・ワン

年明けのテストが終わったので、前々から見ようと思っていた「ローグ・ワン」を見てきました。

一言でいうと

 

「最高」

 

でした。

いやもう、アドレナリンでまくりで、ここまで興奮したのは何以来だろう。

楽園追放かな。フューリーロードかな。

とにかく、もう久々にテンションあがりっぱなしでしたよ!

去年に見ていたら、去年一面白かった映画になってた。

それぐらいに、もう、最高(語彙力

 

続きを読む

あけましたおめでとうございます

日記的な 映画感想 スカイフォール スペクター サウルの息子

すっかり年が明けてしまいました。

あらためまして、明けましておめでとうございます。

もるげんです。

 

何故最近ブログを更新していなかったのかというと、

1~4はバイトだったので

5は帰ってきて早々に部屋の大掃除したので(在庫的な意味で

6は外に行って帰ってきたら延々と映画を見てたので

7も映画を見てたので

8、9はテスト勉強とかだったり

とまあ、忙しかったのです(さぼりとも言う。

 

今日の更新は新年あけてから見た映画について簡単に(ちょっと時間ないのでさらっと書く程度)感想と、今後の活動について。

映画のネタバレはあまり書かない予定だから大丈夫よ(たぶん、きっと

 

続きを読む

今年を振り返って

日記的な

まずは、コミケお疲れ様でした。

これ書いている時はまだコミケやっていますが(現在15時)、自分はこれからいつものバイト先に行きます。

つまり、お寺で年越しバイトに行くのです。

 

そんなわけで、今年の振り返りは夜に上げられないので、今書いている次第です。

以下、自分語り。

 

続きを読む

冬コミお疲れ様でした

タイトルの通り。お疲れ様でした。

でも、この記事では特に何も書きません。

というか、フェイ川感想ぶつける用のスペースです。

言いたいことは大体ツイッターでいっちゃったので。

 

フェイ川、感想とかあったらここのコメントとかに入れてくれると、ツイッターでネタバレとか少なくてありがたいなー的な。そういう記事。

そこんとこ、よろしくお願いします。

僕らの生きている片隅の世界

映画感想 この世界の片隅で

コミケ前の庶務をこなしながら、ようやく「この世界の片隅で」を見てきました。

いやー、よかった。

面白かった、じゃなくて、よかった。

いいアニメ映画を見ることができました。

そんないい映画の感想。

 

続きを読む